TOP理数科

 

 理数科の特色
理数科は、理科、数学に興味・関心を持つ生徒の学力を伸ばし、情報化社会や先端技術社会にも対応できる広い視野を持つ人材の育成をめざしています。
  •  数学・理科の時間数が多くなっています

数学・理科の学習時間を多くとり、これらの教科について基礎力から応用力まで無理なく身につくように配慮してあります。理科は、物理、化学、生物の3科目を学習し、お互いの科目間の関連がよくわかり、理解が一層深まります。 

  • 3年間同じクラスで励まし合いながら勉強します

数学、理科に関心が高く、将来の進路が同じ友人が多く得られますので、お互いに励ましあいながら、学力を向上させることが出来ます。放課後には、自主的に集まって楽しく学習する姿もよくみられます。 

  • 文系の大学を志望することになっても心配要りません

平成11年度から単位制を導入し、理数科も従来より更に選択の幅が広くなり、理系、文系どちらにも進めるように工夫しています。1年次は共通ですから、入学後、文系の大学に進学したいということになれば、2年進級時に文系に適する科目選択をすれば、全く問題ありません。

 特色ある学習活動

●科学の甲子園(理数科・普通科)
県内の高校生が6名1チームで筆記、実験、総合競技を行い、得点を競います。
 ( 会場 山口県セミナーパーク )

   ・令和元年度
   ・平成30年度
   ・平成29年度
   ・平成28年度
   ・平成27年度


●合同合宿セミナー(理数科1年次)
徳山高校、山口高校の理数科と合同で、夏季休業中の2泊3日で合宿セミナーを行っています。日頃の授業では味わえない大学の教授による講義・実習や、大学研究室訪問、各教科の勉強方法を研究する学習会、学校対抗ディベート合戦、スポーツ交流など、理数科ならではのセミナーです。
 ( 会場 山口県セミナーパーク、山口大学工学部 )

   ・平成30年度
   ・平成29年度
   ・平成28年度
   ・平成27年度
   ・平成26年度
   ・平成25年度
   ・平成24年度
   ・平成23年度
   ・平成22年度
   ・平成21年度
   ・平成20年度


課題研究(理数科2年次)
  少人数のグループに分かれて、数学・物理・化学・生物のうち1つのテーマについて1年間研究を行い、その成果を報告書にまとめ、発表します。優れた研究は、山口県理数教育研究大会で発表することにもなります。また外部の学会や企業サイトでも発表しています。

   ・令和元年度課題研究中間発表会(9月26日(木))
   ・情報処理学会全国大会中高生ポスターセッション(3月16日(土))最優秀賞受賞
   ・平成30年度校内課題研究発表会(1月31日(木))
   ・平成29年度校内課題研究発表会(1月25日(木))
   ・平成28年度校内課題研究発表会(1月26日(木))
   ・平成26年度校内課題研究発表会(1月29日(木))
   ・平成25年度理科→ 校内課題研究発表会(1月30日(木))
   ・平成24年度数学 理科→ 校内課題研究発表会(9月24日(月))
   ・平成22年度校内課題研究発表会(9月24日(金))
   ・平成21年度
   ・平成20年度


山口県探求学習成果発表大会(理数科2年次)
 県内の理数科・探求科を設置する高校が集まって、研究の成果を発表します。

   ・平成31年度


山口県理数教育研究大会(理数科2年次)
 県内の理数科を設置する高校6校が集まって、研究の成果を発表します。

   ・平成30年度中国・四国・九州地区課題研究発表大会 優良賞受賞
   ・平成29年度
   ・平成28年度中国四国九州地区課題研究発表大会
   ・平成27年度
   ・平成26年度 化学班優秀賞受賞
   ・平成25年度
   ・平成24年度




実力アップセミナー(理数科2年次)
 春季休業前に1日本校で行います。学習会や大学教授による出張講義、進路指導、卒 業生による講話等を通して、学習に対する意識を高めるとともに不得意科目を克服する手立てを身に つけ、第3学年スタートに向けてのモチベーションを高めていきます。

   ・平成30年度
   ・平成29年度
   ・平成28年度
   ・平成27年度
   ・平成26年度
   ・平成25年度
   ・平成24年度
   ・平成23年度
   ・平成22年度
   ・平成21年度
   ・平成20年度


大学からの出張講義・大学研究室訪問
 広島大学や山口大学等の研究機関と連携を行い、高校生に向けた最先端の科学技術に関する特別講義を実習等を織り交ぜながら実施しています。

   ・「理数科特別講義」
   ・「青少年サイエンスセミナー」
   ・「水系環境調査実施」
   ・「やまぐちサイエンス・キャンプ2019」
   ・理数科特別講義(早稲田大学創造理工学部社会環境工学科 小野潔教授)
   ・2年次特別講義(広島大学工学部)
   ・「地球深部探査船『ちきゅう』中継授業実施」
   ・「平成30年度やまぐちサイエンスセミナー2018秋」
   ・「身近な水系環境調査実施」
   ・「平成30年度やまぐちサイエンス・キャンプ」
   ・「月食観測会」
   ・「身近な水系環境調査実施」
   ・「平成29年度やまぐちサイエンス・キャンプ」
   ・「外部講師による課題研究指導」
   ・「梶村教授(慶應義塾大学)特別講義」
   ・「青少年サイエンスセミナー」
   ・「水系環境調査講座」
   ・「平成28年度やまぐちサイエンス・キャンプ」
   ・「外部講師による課題研究指導」
   ・「平成27年度やまぐちサイエンス・キャンプ」
   ・「生物研究者集会」
   ・「水系環境調査講座」
   ・「ミクロ生物館特別授業」
   ・「広島大学工学部研修発表会」
   ・広島大学工学部研修
   ・山口大学 増山博行教授による特別講義「原子核とエネルギー」
   ・山口大学 今井剛教授による特別講義「どうなる?ゴミ問題!~いま私たちがなすべきこと~」
   ・広島大学 北村充教授・土井康明教授による特別講義「ダーウィンの進化論に基づいた設計法(遺伝的アルゴリズム)」
   ・山口大学 赤田倫治教授による特別講義「世界の現状と未来を考える」
   ・広島大学 北村充教授・土井康明教授による特別講義「輸送機器の構造と模型製作」
   ・山口大学 笠野准教授による特別講義「放射線とその応用」

理数科体験講座
 中学生の皆さんに岩国高校理数科をよく知っていただくために、夏に理数科体験講座を実施しています。理数科在校生の話を聞いたり、数学・理科の体験授業や実験を行います。詳細については別途各中学校にお知らせします。

   ・平成30年度
   ・平成29年度
   ・平成28年度
   ・平成27年度
   ・平成26年度
   ・平成25年度
   ・平成24年度
   ・平成23年度
   ・平成22年度
   ・平成21年度
   ・平成20年度




理数科行事
   ・テーマ発表会
   ・山口県生徒環境フォーラム(2019/02/10)
   ・天体観測
   ・理数科卒業生講話
   ・理数科卒業生講話

 卒業後の進路

 理数科は理数科目に十分時間をとり、学力を伸ばすことを目標としていますので、卒業後は医歯薬系、理工系、経済・経営、情報系などといった理系分野に多く進んでいます。

 平成31年4月現在

 

 平成31年4月現在(学部別)




 理数科在校生の声

 理数科には独自の行事があります。1年次夏休みの合宿セミナーでは他校の高校生とも交流することができます。2年次夏には探究数学と理科課題研究を行い、秋には校内発表会を実施します。どれも普段の授業では決して味わえないような貴重な体験です。本気で大学進学を考えている人はぜひ理数科に入るべきです。高い目標をもち、3年間同じ仲間と競い合い励ましあいながら努力を続けることで、きっとあなたの夢も実現するものと思います!!            (理数科理系女子)

 入学者選抜について

  • 推薦入学について
    (ア)本校が求める生徒像は以下のとおりです。
    • 基本的な生活・学習習慣が身に付いており、主体的に学ぶ意欲のある生徒
    • 本校の校風「質実剛健」「文武両道」「高雅な気品」の精神を理解し、実践しようとする生徒
    • 豊かな人間性をそなえ、他人を思いやることのできる生徒

    (イ) 学校長が定める推薦要件は以下のとおりです。
    • 本校理数科志望の意志を強くもっている者
    • 学習意欲が旺盛で、高校3年間の高いレベルの学習に十分能力を発揮できる資質を有する者

  • 学力検査(第一次募集)について
     高いレベルの学習を行い、難関上位大学への入学を希望する生徒は、ぜひ理数科を第一志願にしてください。

  • その他   
     今年度の入学者選抜に関しての詳細は、「山口県教育委員会」のホームページをご覧ください。
TOP理数科