4組入り口へ ★☆★大正政変 日本史
第一次世界大戦
<三国同盟>
ドイツ:軍備を拡張し、積極的な世界政策をすすめる。
イタリア:1882年に三国同盟を結成するが領土問題でオーストリアと対立し、実質離脱。
オーストリア:ロシア南下への対抗とパン・ゲルマン主義によるバルカン進出のためドイツと協力。
<三国協商>
ロシア:パン・スラブ主義によるバルカン半島南下を目指し、オーストリア・ドイツと対立。
フランス:1891年に結んだ露仏同盟によりロシアに協力。
イギリス:ドイツを警戒し1904年に英仏協商、1907年に英露協商を結んだ。

1914年6月、オーストリア帝位継承者が親露的なセルビア人に暗殺されると(サラエボ事件)、上の二つの勢力が対立し、第一次世界大戦が起こった。
この戦争は4年余りにおよぶ総力戦となった。
戦況は初めドイツ側が優勢であったが、イギリスの海上封鎖に苦しんだドイツが無制限潜水艦作戦を始めたのを機に、1917年にアメリカが三国協商側に立って参戦すると、戦局は連合国側(三国協商側)が有利になった。そして1918年に、ドイツでは革命がおこり帝政崩壊したため、11月に連合国との休戦協定が結ばれた。

問題
問1 三国同盟を結んだ国はドイツ、イタリア、(1)である。
(1)
問2 オーストリア帝位継承者が親露的なセルビア人に暗殺された事件をなんというか。

問3 無制限潜水艦作戦をしたのはどの国か。